正規品と並行品、メリットとデメリットを解説!

正規品と並行品、満足のいく買い方ができるほうを選ぶ

ビジネスや冠婚葬祭、普段使いとして、大人になればどんなシーンにもつけられるブランドの腕時計をいくつか所持しておきたいですよね。そこで、商品の購入先に迷ったときには、どんなタイプのお店があるのかを知っておくと良いですよ。新品のブランドの腕時計を売るお店のタイプは大きく分けて、ブランドの正規店と並行品の2通りあります。各タイプのお店のメリットとデメリットをチェックして購入先を検討していきましょう。

代理店が、正規店から直接仕入れた国内や外国ブランドの腕時計のことを正規品と言います。正規品なので偽物ではないという安心感がありますし、正規のアフターサービスもきちんと付いているところがメリットです。信頼性がある本物のブランドの腕時計を購入できますが、代理店で統一した通常価格に近い価格で売られているため、他のタイプのお店よりも値段が高いというデメリットもあります。

並行品のブランドの腕時計のメリット&デメリット

並行品とは、正規店を通さずにブランドの腕時計の買い付けをしたものを販売しているお店のことを言います。主に、第三者により海外の正規店で仕入れたものや、卸会社やバイヤーを通して買ったブランドの腕時計をお客さんに提供しています。正規品での通常価格に縛られず、割安価格で店頭で売られているため、本物のブランドの腕時計を低価格で購入できるというメリットがあります。ただし、各お店ごとに様々な仕入れルートがあり、品質や価格が左右するという部分がデメリットの一つです。

ブライトリングは、コックピットウォッチやストップウォッチを主力製品としているスイスの腕時計メーカーです。

Previous Article
Next Article