見た目の景観だけじゃない?屋上緑化を取り入れるメリットと注意点

省エネ効果による光熱費の削減

建物の景観を良くする目的で個人の住宅や企業ビルに屋上緑化を取り入れる人も少なくありません。この屋上緑化は、緑により視覚効果以外にも数多くのメリットを得ることができます。中でも大きなポイントとして挙げられるのが省エネ効果です。建物に使用されているコンクリートは外からの影響を受けやすく、夏場の紫外線によって室温が上昇してしまいます。屋上緑化を取り入れることで、紫外線や熱をカットして気温の上昇を抑えられるのです。気温の上昇を抑えればエアコンを始めとした家電製品の使用量を減らして光熱費を安くできます。

屋上緑化を取り入れる時のチェックポイント

景観や省エネなどメリットの多い屋上緑化ですが、注意しなくてはいけない点もあります。その一つが建物に与える負荷です。屋上に土や植物を持ち込んだ場合、その量に比例して建物に負荷がかかります。屋上緑化を取り入れることを想定しない状態で設計された建物では、この負荷によって地盤沈下を起こしてしまうケースも少なくありません。事前に建物の耐久性を調べて問題ないかを確認しておくことが大切です。

安心して使うために必要な水漏れ対策

屋上緑化を取り入れる上で忘れてはいけないのが水漏れ対策です。植物は生き物である以上、栽培するために水を必要とします。水漏れ対策ができていない建物の場合、大量の水を撒くことで知らぬ間に内部に浸水してコンクリートを腐食させてしまうケースもあるので注意が必要です。建物の安全を守るためにも、万が一に備えて全体に防水加工を施すことを忘れてはいけません。

建物の屋上部分に植樹を行う屋上緑化は都市部の温暖化を抑制する効果があるとされています。温暖化に繋がる二酸化炭素を植物が吸収することで、気温の急激な上昇を防ぐことができるのです。

Previous Article
Next Article