便利だからこその問題点?カタログギフトのメリットデメリットとは

欲しいものを選べるのが一番のメリット!

今やギフトの定番になったカタログギフト。その最大のメリットは、なんと言ってももらった人が自分の欲しいものを選べるという点でしょう。結婚式や内祝いでギフトをもらっても、好みに合わなかったり普段自分が使わないものだったりすると、扱いに困ってしまうものです。その点カタログギフトであれば、そのとき自分が欲しいものをいくつもの選択肢の中から選ぶことができます。また、贈る側にとっても「合わないものを贈ってしまったのではないか」「センスが悪いと思われていないだろうか」と心配する必要がなく、精神的な負担を小さくすることができます。

記憶に残りにくいことが多い

自分で欲しいものを選ぶことができる反面、記憶に残りにくいというデメリットもあります。特に最近はカタログギフトが主流になってきたため、カタログギフトでもらったということは覚えていても、何のお祝いだったのか忘れてしまったということも珍しくありません。またカタログギフトは味気ないと感じる人も多く、プレゼント感を損ねてしまうのもデメリットでしょう。また、選択肢が多くても全ての人が満足できる訳ではない点にも注意が必要です。欲しいものが見つからず、結局交換しなかった、という人もいます。その場合、手元には何も来ないことになってしまいます。

送るカタログは慎重に選ぼう

カタログギフトと言っても、その種類は膨大です。送る人に少しでも満足してもらうために、内容はしっかりチェックしましょう。親しい相手であれば、好みに合わせたカタログを送ると気持ちも伝わりやすくなります。

カタログギフトはもらった方が欲しい商品を選ぶ事ができ、相手の好み等を考える必要がないので快気祝いや結婚式のお返し等様々なシチュエーションで利用できます。

Previous Article
Next Article