内祝いは贈ればいいわけではない!?内祝いのマナー

内祝いの意味と何を贈ると喜ばれるのか

内祝いはお祝いをもらってからお返しするイメージが強いですが、本来は「喜ばしいことがあったときのお裾分け」という意味です。例えば、結婚したときや出産したときも贈りますし、病気から回復したときなども喜びを分かち合うために報告も兼ねて贈ります。他にも、家を建てたときに贈る新築内祝い・長寿のお祝いに贈る長寿内祝い・初節句の内祝い・入学内祝いなど挙げたらキリがないほどあります。

内祝いによって多少贈るものは変わりますが、共通しているのは「縁起の悪いものを贈らない」ことです。「割れる」、「切れる」などを連想させるグラスや包丁は避けましょう。内祝いで贈ると喜ばれるのは、相手の家族に合わせたものです。甘いものが好きな家族にはお菓子の詰め合わせを贈ったり、グルメな家族にはワンランク上の調味料などを贈ったりするとよいでしょう。

内祝いを贈るときに気をつけるマナーとは

内祝いを贈る時期は、お祝い事があってから1か月以内です。先にお祝いをもらっている場合が多いですが、「もらったから返す」というニュアンスよりも「喜ばしいことがあったときのお裾分け」や「日頃からの感謝の気持ち」が伝わるようなメッセージを添えると気持ちが伝わるでしょう。内祝いの金額は、いただいたお祝いの2分の1から3分の1が相場です。感謝の気持ちを伝えたいからといって高額な品物を贈ってしまうと相手が受け取りにくくなってしまうので、気を付けましょう。渡し方は直接会えるならその方が望ましいですが、遠方の場合は郵送でも問題ありません。

結婚や出産などでお祝いを頂いた際、頂いた物や金銭の2分の1から3分の1相当のお返しを内祝いとして渡す習慣があります。

Previous Article
Next Article