そんなに違うの!?電子タバコと普通のタバコの違い


健康面や衛生面での違い

紙巻たばこは煙草の葉を燃焼させてその煙を吸う嗜好品ですが、煙草の葉を燃やす過程でタールが発生してしまうため、煙に乗ったタールが肺や部屋を汚してしまいます。また煙が肺を通過する事により肺がんの可能性を高めてしまう事も昔から問題視されていました。電子タバコではこの点火を使って何かを燃焼させるということはないためタールが発生せず、肺や部屋などをタールのヤニで汚してしまう心配がありません。またタバコには付き物のニコチンも、電子タバコでは基本的に含まれていないのでニコチン中毒になる心配も無いでしょう。多少手間はかかりますがニコチン入りのリキッドを手に入れる方法もあるにはあるので、どうしてもニコチンでないとダメだという人でも電子タバコに切り替える事は難しくありません。

携帯性や利便性の違い

紙巻きタバコは重量が軽く、喫煙時に灰皿が用意されてあれば吸い殻はそこに捨てていくことができるため比較的身軽です。しかし喫煙は副流煙等の健康被害などの観点から喫煙所など限られた場所でしかできませんし、灰皿が用意されていない可能性を鑑みて携帯灰皿も持ち歩く必要があります。電子タバコでは、機器の重量がやや重いというのはありますが、灰などが出ることがないので灰皿は必要ありません。また喫煙場所はこちらでも喫煙所に行く必要がありますが副流煙や健康被害の有る成分は少ないため、人の迷惑になる心配もなく周囲に気を使わず安心して喫煙を楽しめるのは利点の一つと言えます。

電子タバコに使用するニコチンリキッドは国内では販売されていないため、手に入れるためには海外から個人輸入する必要があります。

Previous Article
Next Article

Recent Posts

Calendar

2020年7月
« 2月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031