こんなにあるの!?電子タバコの種類を解説


リキッド式電子タバコ

リキッド式電子タバコは、リキッド、つまり電子タバコの原料となる液体を補充して使用するものです。後述する電子タバコの種類とは異なり、リキッドを変えれば楽しめるため電子タバコ本体は長く使い続けられるという特徴があります。リキッドを補充しなければならないという手間が発生しますが、様々な味のリキッドを楽しめるため人気の種類です。

カートリッジ式電子タバコ

カートリッジ式電子タバコは、カートリッジを交換することでリキッドを補充できる電子タバコです。充電が必要となりますが、リキッド式電子タバコのように定期的なメンテナンスを必要とせず手軽に使えるという点が特徴です。しかし、電子タバコ専用のカートリッジを使用しなければならないため選べる味の種類は少ないとされています。

使い捨て式電子タバコ

使い捨て式電子タバコはリキッドが無くなったら電子タバコ本体ごと取り換えるものです。上述の電子タバコのように、リキッドの交換やカートリッジの充電などの手間がかからないため手軽に使用できるのが特徴です。このようなことから、電子タバコを始めてみようという人に人気で価格も他の種類に比べ安く設定されています。しかし、使用後は本体を買い替えなくてはならないということから頻繁に使用する人にとっては割高になってしまう可能性があります。

電子タバコと加熱式タバコの違い

両者の違いはたばこの葉を使用するかしないかです。電子タバコはたばこの葉を使用せずリキッドを加熱して出た水蒸気を吸い込むものです。一方で、加熱式タバコはたばこの葉を加熱して水蒸気を吸うというもので、タバコに近い味を楽しめるのです。

vapeとは電子タバコのことです。香料が加えられたリキッドを電気の力で蒸気に変え、その蒸気を吸って楽しみます。

Previous Article