きちんとケアすれば一生使える!機械式時計のお手入れ方法


一生の財産として使える機械式時計

時計には機械式時計とクォーツ時計の2種類があります。クォーツ時計は消耗品で寿命が長くて10年であるのに対し、機械式時計は数百もの部品で作られた精密機械で、きちんとケアすれば一生使い続けることができます。そのため、時計好きの人は機械式時計にこだわり、同じブランド時計においても機械式の方が資産価値が高くなります。

機械式時計の日々のお手入れ方法

機械式時計は精密機器であるため、衝撃に弱く、丁寧に扱うことが一番のケアとなります。腕から外して保管する時は、高温や湿気、磁気のある場所は避けるのが必須です。ムーブメントで使用されているゼンマイは、温度によって伸び縮みするため、時間の精度にも狂いが生じます。また、スマホのように磁気を発するガジェットと一緒に置いておくと、ムーブメントに支障をきたしてしまいます。一度磁気を受けたムーブメントは、修理に出さないと取り去ることができないので、できれば専用ケースに入れて保管するのがベストです。

定期的にオーバーホールを行う

機械式時計を長く使い続けるためには、定期的なオーバーホールが必要となります。オーバーホールとは内部の潤滑油やさびなどをチェックし、修復するための分解掃除です。オーバーホールの時期は使う頻度によっても異なりますが、3年から5年に1回が一般的です。何の修理を必要としない場合でも、1回につき2万円から5万円の費用が掛かるのが相場です。オーバーホールは、時計の製造メーカーや時計店、ネットの修理店などに依頼することができます。

グランドセイコーは昔ながらの自動巻きの腕時計で、世界各国に輸出されています。日本国内で購入するには逆輸入をする必要があります。

Next Article